披露宴でのマナー

結婚式は多様化しており、挙式だけ海外で行って日本で披露宴を行う人もいます。 結婚式でのマナーは聞いたことはありますが、披露宴でのマナーと言うのは聞いたことがあるでしょうか 披露宴は、挙式の後に行われることが多いので、結婚式のときと同じマナーになります。

披露宴と二次会

挙式と披露宴は別のものですが、セットで結婚式を行うのが一般的になっています。 なので、披露宴でのマナーは結婚式でのマナーと同じになっています。 また、披露宴と二次会は別のもので、披露宴は新郎新婦によるゲストをもてなすフォーマルな場です。 二次会は新郎新婦の結婚を祝うカジュアルな場になります。

披露宴と結婚式の違いはあるのか

挙式と披露宴は違うものです。結婚式では、挙式と披露宴、別々のものを一度に行っています。 挙式は夫婦になる儀式で、披露宴は夫婦になったことを自分たちに関係する人たちに披露するためのパーティです。 結婚式は、夫婦となる二人の門出を祝う大事なイベントになります。

挙式と披露宴

披露宴は結婚式の中に含まれ、一般的な結婚式は挙式と披露宴をセットでその日のうちに行います。基本的に、挙式を行ってから披露宴という流れになっています。
挙式と披露宴の違いは何で、どのような意味があるのでしょうか。

結婚式を行わなければ夫婦になることができないわけではなく、役所に婚姻届けを提出すれば夫婦になることができます。なので、結婚式は必要ではありません。
しかし多くの人が結婚式を挙げています。なぜ、結婚式を挙げるのでしょうか。

昔から、結婚式は夫婦になったら挙げるのが、当たり前になっています。
結婚式を挙げることで、自分たちが夫婦になったという自覚と周囲の人に夫婦であることを認めてもらう意味合いが強いです。
婚姻届けに記入して、その紙を役所に届けただけでは夫婦になったという自覚は持ちにくいです。
結婚式を挙げて、多くの人たちがいる前で夫婦として結ばれ、周囲の人たちにも認めてもらうことで、自分たちが夫婦になったという自覚を持つことができます。

結婚式は多様化して行っており、自由度も高くなっています。
新郎新婦からの要望に応えてもらえるので、結婚式を行う新郎新婦によって色々な結婚式が行われています。
始めに挙式を行い、その後に披露宴となるのが一般的な結婚式ですが、従来とは異なる式も増えていっています。
会場で挙式だけを行う結婚式や、挙式のない披露宴だけの結婚式を行うこともできます。
また、披露宴は、華やかなパーティではなく、身内だけの食事会を行う人もいます。